サマソニ大阪には前売シャトルバスがオススメ!

Summer Sonic

今年もサマソニ大阪の前売シャトルバスの販売が開始されました。

シャトルバスは当日も普通に買えることができて、前売り券を買わなくても100%乗ることができますが、実は大きな違いがあって前売り券を買うのを強くオススメしたいのでこの記事ではその理由について書きたいと思います。
それではどうぞ。

(2019/07/09追記)
2019年のステージマップが公開されたのを受けて修正しました。

スポンサーリンク

【超重要】会場中央エリアで乗降できる

はい、いきなり一番重要なポイントです。

前売シャトルバスだと会場での乗降場所が中央エリアになります。

2019/05/19時点ではまだ会場のマップは発表されていませんが、2018年のマップを見てみましょう。
2019年のステージマップが公開されました!

大阪ステージマップ - SUMMER SONIC 2019
SUMMER SONIC 2019 公式サイト 2019年8月16日(金)・17日(土)・18日(日)の3日間開催! 東京会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ 大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

当日券の場合はOASISの横を抜けて、ぐるっと遠回りをして当日券・バスツアー用駐車場まで行かなければなりません。(図の右上の方)
私も実際にこのルートで歩いた年もありますが、だいたい徒歩で10〜15分ぐらいかかっていました。私は早歩きなので人によってはもっとかかると思います。
初日の行きはテンション高いので苦もなく行けますが、疲れ切った帰り道や前日の疲れが残る2日目はなかなかしんどいものです。

前売シャトルバスはというと、OCEAN・MOUNTAIN・SONICのちょうど中間ぐらいの場所です。
昔OCEANステージがあった辺りの場所ですね。

はっきり言ってめちゃめちゃ近いです。

リストバンド交換所も近いので、着いたら即サマーソニックです。

あと、この近さだとグッズの列にいち早く並ぶことができます

特に初日の朝はSONICステージを囲うようにグッズの列に並ぶことになりますが、少しでも早く並べる方が絶対に良いですよね。

中央エリアで乗降できるのは前売シャトルバスのみなので、参加することが決まっている人は買わない理由はないですね!

シャトルバスの当日券を買うために並ばなくて良い

前売シャトルバスを買わない場合は当日券でシャトルバスに乗ることになりますが、時間帯によっては当日券を買うために並ばないといけない場合があります。

前売シャトルバスのチケットを買っておくとその心配はなくなります。

【注意】2019年はコスモスクエア駅発着となります

2018年はユニバーサルシティ駅〜会場内中央エリアでしたが、
2019年はコスモスクエア駅〜会場内中央エリアと発着駅が変更になります!

2018年の感覚でJRでユニバーサルシティ駅に行ってはだめで、Osaka Metroの中央線でコスモスクエア駅まで行く必要があります。

余談ですが、サマソニの日はよくインテックスでコミケ等のイベントが開催されているので、コスモスクエア駅ではサマソニに向かう人とコミケに向かう人でごった返します。

前売シャトルバスの購入方法

下記リンクに記載されています。

大阪チケット - SUMMER SONIC 2019
SUMMER SONIC 2019 公式サイト 2019年8月16日(金)・17日(土)・18日(日)の3日間開催! 東京会場:ZOZOマリンスタジアム&幕張メッセ 大阪会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

ローソンやミニストップで購入する方はLコード:58889で購入ができます。

今年は3日間なので最大3日分購入しましょう。
チケットは1日で1枚ですので、Loppiで3回同じ購入操作をする必要があります・・

Pontaカードを持っている人であれば名前と電話番号の入力を楽にできるのでオススメです。

数に限りがあるので早めの購入を!

前売シャトルバスをオススメする理由を書きましたが、予定枚数に達し次第終了ということで購入を検討される方は早めに買わないとなくなる可能性があるので注意してください。

行くのが決まっていて、シャトルバスを使うことも決まっているのであれば買わない理由はありません。

チケット関連のことは早く済ませておいて、本番の予習にしっかり力を入れるようにしたいですね!

3日分買いました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました